部活動の詳細

陸上競技部

『局地戦』

 自己新記録のために練習を重ねてきた。自分がこだわって鍛えてきたものがある。
 それは自分にしかない強さ。そこに自信を持ちそこで勝負する。

2016/5/27 高体連支部大会閉会式後の集合写真。男女とも総合優勝しました。3連覇!

クラブの目的

「全員全道大会出場・全国大会出場・全国大会入賞・全国大会優勝」を目指し日々練習に励んでいます。
「競技力向上」のみならず,「社会性」を身に付けることを目標に活動しています。

活動内容

 練習日
(シーズン)週6日(日・月・火・木・金・土)
(オフシーズン)週6日(月・火・水・木・金・土)

 月間スケジュール(2017/4/27 更新)
 2017年 ・5月 4月 3月2月1月
 2016年 ・12月11月10月9月8月7月6月

 大会等予定日程一覧 2017年(2017/4/17 更新)
2016年2015年2014年2013年2012年

顧問

顧問 : 日裏 徹也  斎藤 美穂  (時岡 郁夫)
トレーナー : 笹田 めぐみ

慶祥最高記録

慶祥最高記録(2016/10/8 現在)

対外成績

2016年度

  1. 日本ジュニア・ユース陸上競技選手権大会(2016/10/21~2016/10/23,愛知県)

    ジュニア男子200m決勝 4位 21″35(+0.9) 伊深愛生

    ジュニア男子200m準決勝1組 1着 21″23(+1.8) 伊深愛生

    ジュニア男子200m予選1組 2着 21″42(-0.2) 伊深愛生

    ジュニア男子400m準決勝 DNS 伊深愛生

    ジュニア男子400m予選4組 1着 47″46 伊深愛生

    ユース男子400mH決勝 5位 53″61 田邊ジョー

    ユース男子400mH予選3組 2着 54″19 田邊ジョー

    ユース女子100m決勝 6位 12″09(+0.5) 臼井文音

    ユース女子100m準決勝2組 4着 12″11(+0.2) 臼井文音

    ユース女子100m予選2組 4着 12″27(+0.4) 臼井文音

    ユース女子200m予選3組 4着 25″45(+1.5) 臼井文音

    ユース女子走幅跳決勝 5m23(+0.5) 吉田梨緒

  2. 2016年第6戦道央陸上記録会兼第23回北海道陸上競技フェスティバル(2016/10/9,千歳市青葉)

  3. 北海道学連競技会第3戦兼第11回スプリントトライアスロン(2016/10/8,札幌市円山陸上競技場)

    男子走高跳 1m80(慶祥歴代1位) 出村優輝

    女子円盤投 22m32(慶祥歴代1位) 小坂実有理

    (スプリントトライアスロン3位以内入賞者)

    男子混成スプリント 3位 2582点 高瀬悠麻
    100m 11″01(+0.5)
    200m 22″21(+2.1)
    400m 51″29

    女子混成スプリント 2位 2598点 岡田帆花
    100m 12″77(+1.4)
    200m 26″02(+2.3)
    400m 1′01″64

    女子混成スプリント 3位 2211点 清水未来
    100m 13″54(+1.4)
    200m 27″75(+2.3)
    400m 1′06″51

  4. 第71回国民体育大会陸上競技大会(2016/10/07~2016/10/11,岩手県)

    本校生徒関係の入賞結果

    少年男子A100m 7位 10″73(0.0) 伊深愛生

    少年男子A400m 6位 48″52 伊深愛生

    成年少年女子共通4×100mR 3位 45″64 北海道(臼井-北風-藤森-福島)

  5. 第81回札幌陸上競技選手権大会(2016/9/24~2016/9/25,札幌市厚別公園陸上競技場)

    8位内入賞

    男子100m 5位 10″85(+1.4) 嶋隆成

    男子100m 7位 10″95(+1.4) 高瀬悠麻

    男子400mH 1位 54″44 田邊ジョー

    男子4×100mR 1位 42″50 嶋隆成-林和樹-高瀬悠麻-田邊ジョー

    男子4×100mR 2位 3′28″85 嶋隆成-櫻井春誓-田邊ジョー-吉田耕平

    男子走幅跳 6位 6m69(+1.6) 吉田耕平

    男子三段跳 2位 13m87(+1.3) 吉田耕平

    女子100m 7位 12″63(+0.2) 岡田帆花

    女子400m 3位 1′01″66 岡田帆花

  6. 第32回北海道高等学校新人陸上競技大会(2016/9/14~2016/9/16,札幌市厚別公園陸上競技場)

    8位内入賞

    男子100m 2位 10″69(+3.0) 嶋隆成

    男子400m 3位 50″03 田邊ジョー

    男子400mH 1位 53″85 田邊ジョー

    男子4×100mR 2位 42″13 嶋隆成-林和樹-高瀬悠麻-田邊ジョー

    男子走幅跳 6位 6m70(+3.2) 吉田耕平

    男子三段跳 3位 13m93(+1.5) 吉田耕平

    男子三段跳 6位 13m11(0.0) 出村優輝

    女子200m 3位 25″82(-3.0) 臼井文音

    女子200m 8位 33″92(-3.0) 岡田帆花

    女子4×100mR 1位 49″07 吉田梨緒-臼井文音-岡田帆花-清水未来

  7. 第4回全国高等学校陸上競技選抜大会(2016/8/27~2016/8/28,大阪市ヤンマーフィールド長居)

    男子300m予選4組 1着 34秒10 伊深愛生
    男子300m準決勝2組 3着 33秒71 伊深愛生
    男子300m決勝 4位 33秒61(北海道記録) 伊深愛生
    男子300mH予選1組 2着 37秒84 田邊ジョー
    男子300mH決勝 8位 38秒21 田邊ジョー
    男子8種競技 27位 4408点(非公認記録) 田邊ジョー
     100m 11″29(+5.8) 797点
     400m 50″76 780点
     110mH 16″46 682点
     1500m 4′35″78 707点
     走高跳 NM 0点
     走幅跳 5m92(-0.1) 569点
     砲丸投 8m72 410点
     やり投 41m43 463点(自己ベスト)

  8. 第48回北海道高等学校体育連盟札幌支部新人陸上競技大会(2016/8/20~2016/8/21,札幌市厚別公園陸上競技場)

    8位内入賞

    男子100m 1位 10″97(-0.2) 嶋隆成

    男子100m 4位 11″26(-0.2) 時野哲至

    男子200m 1位 21″93(-0.3) 高瀬悠麻

    男子200m 4位 22″65(-0.3) 時野哲至

    男子400m 1位 50″35 田邊ジョー

    男子400 5位 53″38 櫻井春誓

    男子400mH 1位 54″46 田邊ジョー

    男子400 3位 59″22 櫻井春誓

    男子4×100mR 1位 42″22 嶋隆成-時野哲至-高瀬悠麻-林和樹

    男子4×400mR 1位 3′22″89 高瀬悠麻-時野哲至-櫻井春誓-田邊ジョー

    男子走幅跳 1位 6m49(+0.5) 吉田耕平

    男子三段跳 1位 13m56(-0.7) 吉田耕平

    女子100m 1位 12″37(0.0) 臼井文音

    女子200m 1位 25″32(0.0) 臼井文音

    女子200m 4位 26″32(0.0) 岡田帆花

    女子400m 2位 1′00″91 岡田帆花

    女子400m 8位 1′03″40 久保明日香

    女子4×100mR 5位 51″16 岡田帆花-臼井文音-清水未来-遠藤みりい

    女子4×400mR 2位 4′11″03 清水未来-岡田帆花-遠藤みりい-久保明日香

    女子走幅跳 6位 4m66(-0.9) 遠藤みりい

    女子三段跳 1位 10m04(0.0) 遠藤みりい

    女子三段跳 8位 9m45(-0.5) 千葉春菜

    学校対抗成績

    男子総合 優勝 84点

    男子トラック 優勝 68点

    女子トラック 3位 40点

    ※9月14日から16日まで,札幌市厚別公園陸上競技場で開催される第32回北海道高等学校新人陸上競技大会には,17人が出場権を獲得しました。

  9. 第71回国民体育大会陸上競技大会北海道選手選考会(2016/8/13~2016/8/14,札幌市厚別公園陸上競技場)

    6位内入賞

    男子少年A100m 1位 10″49(+2.7) 伊深愛生

    男子少年A100m 3位 10″80(+2.7) 高瀬悠麻

    男子少年B100m 2位 11″04(-0.8) 嶋隆成

    男子少年A400m 1位 48″42 伊深愛生

    男子少年A400mH 5位 57″35 田邊ジョー

    男子少年A走幅跳 6m72(+3.7) 5位 吉田耕平

    女子少年B100m 1位 12″19(+0.9) 臼井文音

    女子少年B100m 2位 12″49(+0.9) 岡田帆花

  10. 平成28年度全国高等学校総合体育大会兼秩父宮賜杯第69回全国高等学校陸上競技対校選手権大会
    (2016/7/29~2016/8/2,岡山県総合グラウンド陸上競技場)

    第5日(8月2日)

    男子4×400mR準決勝第2組 8着 3′20″17 中山諒-時野哲至-田邊ジョー-伊深愛生

    第4日(8月1日)

    男子200m決勝 6位 21″47(-0.1) 伊深愛生

    男子200m準決勝2組 3着 21″55(-0.7) 伊深愛生

    男子200m予選2組 3着 21″55(+1.3) 伊深愛生

    男子200m予選3組 8着 22″23(+0.7) 高瀬悠麻

    男子4×400mR予選2組 2着 3′13″93 中山諒-時野哲至-田邊ジョー-伊深愛生

    女子200m予選4組 6着 25″36(-1.3) 臼井文音

    女子4×400mR予選4組 5着 3′52″57 高橋智恵莉-臼井文音-岡田帆花-久保明日香

    第3日(7月31日)

    男子400mH準決勝1組 7着 56″37 田邊ジョー

    第2日(7月30日)

    男子100m準決勝3組 10″78 伊深愛生

    男子100m予選4組 3着 10″77 伊深愛生

    男子400mH予選5組 5着 52″97 田邊ジョー

    男子八種競技 25位 5161点 田邊ジョー(慶祥歴代1位)

    男子八種110mH 2組 15″55(+1.0) 田邊ジョー

    男子八種やり投 1組 40m71 田邊ジョー

    男子八種走高跳 2組 1m75 田邊ジョー

    男子八種1500m 1組 4′29″18 田邊ジョー

    女子100m決勝 6位 12″20(-1.6) 臼井文音

    女子100m準決勝2組 3着 12″04(-0.8) 臼井文音

    女子100m予選5組 7着 12″70(-0.8) 岡田帆花

    女子100m予選6組 2着 12″01(+1.5) 臼井文音(慶祥歴代1位)

    女子400mH予選5組 8着 1′11″87 久保明日香

    第1日(7月29日)

    男子400m決勝 7位 47″80 伊深愛生

    男子400m準決勝2組 2着 47″51 伊深愛生

    男子400m予選5組 2着 47″89 伊深愛生

    男子4×100mR予選6組 失格 嶋隆成-時野哲至-高瀬悠麻-伊深愛生

    男子八種100m 5組 11″34(-0.9) 田邊ジョー

    男子八種走幅跳 2組 6m13(+0.7) 田邊ジョー

    男子八種砲丸投 1組 8m42 田邊ジョー

    男子八種400m 5組 50″37 田邊ジョー

    女子400m予選4組 59″97 高橋智恵莉

    女子4×100mR2組 3着 47″34 岡田帆花-臼井文音-高橋智恵莉-久保明日香

  11. 第89回北海道陸上競技選手権大会兼第101回日本陸上競技選手権大会北海道予選会
    兼第71回国民体育大会陸上競技北海道選手選考会(2016/7/16~2016/7/17,釧路市民陸上競技場)

    8位内入賞

    男子200m 6位 22″34(+0.8) 高瀬悠麻(自己ベスト更新)

    男子400m 1位 47″99 伊深愛生

    男子400mH 4位 54″51 田邊ジョー(自己ベスト更新)

    男子4×400mR 4位 3′23″14 中山諒-伊深愛生-木本輝-小川俊太郎

    女子100m 2位 11″96(+2.7)臼井文音
     ※女子100m準決勝3組 1着 12″04(+1.2)(自己ベスト更新,慶祥歴代1位) 臼井文音

    女子400mH 1位 1′03″62 久保明日香(自己ベスト更新)

  12. 第69回北海道高等学校陸上競技選手権大会兼秩父宮杯第69回全国高等学校陸上競技対校選手権大会北海道予選会
    (2016/6/14~2016/6/17,室蘭市入江陸上競技場)

    4日目の入賞

    男子200m 4位 21″85(+0.7) 伊深愛生(インターハイ出場権獲得)

    男子200m 6位 22″10(+0.7) 高瀬悠麻(インターハイ出場権獲得)

    男子200m 7位 22"13(+0.7) 時野哲至

    男子4×400mR 1位 3′17″10(2連覇) 中山諒-田邊ジョー-時野哲至-伊深愛生(3冠達成)(インターハイ出場権獲得)

    女子200m 1位 24″43(+4.9) 臼井文音(インターハイ出場権獲得,3冠達成)

    女子4×400mR 1位 3′54″79(2連覇) 高橋智恵莉-久保明日香-岡田帆花-臼井文音(4冠達成)(インターハイ出場権獲得)

    3日目の入賞

    男子400mH 6位 58″28 田邊ジョー(インターハイ出場権獲得)

    女子400mH 5位 1′08″45 久保明日香(インターハイ出場権獲得)

    2日目の入賞

    男子100m 3位 10″86(+1.3) 伊深愛生(インターハイ出場権獲得)

    男子4×100mR 1位 41″53 高瀬悠麻-嶋隆成-時野哲至-伊深愛生(インターハイ出場権獲得)

    男子八種競技 1位 4965点(慶祥歴代1位更新) 田邊ジョー(インターハイ出場権獲得)

    女子100m 1位 11″78(+2.3)臼井文音(インターハイ出場権獲得)

    女子100m 4位 12′32(+2.3) 岡田帆花(インターハイ出場権獲得)

    女子4×100mR 1位 48″10 岡田帆花-臼井文音-高橋智恵莉-久保明日香(インターハイ出場権獲得)

    1日目の入賞

    男子400m 1位 47″34 伊深愛生(札幌高校記録更新,インターハイ出場権獲得)

    女子400m 5位 59″28 高橋智恵莉(インターハイ出場権獲得)

    対校総合成績(男子302校,女子183校)

    男子総合 優勝 51点

     男子トラック 3位 43点

    女子総合 優勝(3連覇) 45点

     女子トラック 優勝(3連覇) 45点

    ※69回の全道大会で,男女とも優勝を果たした3番目の高校になりました。

    ※8月29~8/2日まで岡山県で開催される全国高校総体(インターハイ)には,23人が出場権利を獲得しました。

  13. 第69回札幌支部高等学校陸上競技選手権大会兼第69回北海道高等学校陸上競技選手権大会札幌支部予選会
    (2016/5/24~2016/5/27,札幌市厚別公園競技場)

    4日目の入賞

    男子200m 1位 21″08(+5.9) 伊深愛生

    男子200m 2位 21"85(+5.9) 時野哲至

    男子200m 3位 21"89(+5.9) 高瀬悠麻

    男子110mH 6位 16"46(+4.5) 田邊ジョー

    男子5000mW 4位 24′56"63 石丸遼太朗

    男子4×400mR 1位 3′21″95(6連覇) 田邊ジョー-中山諒-木本輝-伊深愛生

    男子三段跳 4位 13m17(+1.9) 吉田耕平

    男子三段跳 6位 12m92(+4.5) 石田海太朗

    女子200m 1位 24″65(+3.8) 臼井文音

    女子200m 5位 25′62(+3.8) 岡田帆花

    女子200m 7位 25′71(+3.8) 高橋智恵莉

    女子4×400mR 1位 3′54″49(3連覇) 岡田帆花-久保明日香-高橋智恵莉-臼井文音

    女子七種競技 8位 2836点 清水未来

    3日目の入賞

    男子400mH 1位 55″52 田邊ジョー

    女子400mH 2位 1′06″70 久保明日香

    女子走幅跳 8位 4m78(+1.3) 遠藤みりい

    2日目の入賞

    男子100m 1位 10″95(-3.3) 伊深愛生

    男子100m 2位 11"24(-3.3) 嶋隆成

    男子100m 3位 11"37(-3.3) 時野哲至

    男子4×100mR 1位 42″64(6連覇) 高瀬悠麻-嶋隆成-中山諒-時野哲至

    男子八種競技 2位 4664点(慶祥歴代1位) 田邊ジョー

    男子八種競技 4位 4395点 小川俊太郎

    男子八種競技 6位 4046点 林和樹

    女子100m 1位 12″44(-3.1)臼井文音

    女子100m 3位 12′91(-3.1) 岡田帆花

    女子4×100mR 1位 48″57 岡田帆花-臼井文音-高橋智恵莉-久保明日香

    1日目の入賞

    男子400m 1位 49″29 伊深愛生

    男子400m 4位 52″65 中山諒

    男子走幅跳 6位 6m42(+3.6) 吉田耕平

    女子400m 4位 1′00″39 久保明日香

    女子400m 6位 1′01″48 高橋智恵莉

    対校総合成績(男子57校,女子56校)

    男子総合 優勝(3連覇) 112点

     男子トラック 優勝(2連覇) 87点

    女子総合 優勝(3連覇) 61点

     女子トラック 優勝(3連覇) 59点

    ※69回の札幌支部大会で,男女とも3連覇を果たした最初の高校になりました。

    ※6月14~17日まで室蘭市で開催される全道大会には,28人が出場権利を獲得しました。

  14. 第29回北海道高等学校体育連盟札幌支部春季陸上競技大会(2016/5/14~2016/5/15,札幌市厚別公園競技場)

    (8位内入賞)

    男子100m 1位 11"30(-2.7) 嶋隆成

    男子100m 2位 11"46(-2.7) 高瀬悠麻

    男子100m 6位 11"62(-2.7) 林和樹

    男子400m 2位 50"85 中山諒

    男子110mH 5位 15"91(+2.1) 田邊ジョー

    男子400mH 1位 55"98 田邊ジョー

    男子5000mW 3位 24′33"25 石丸遼太朗

    男子4×100mR 1位 42″55 高瀬悠麻-嶋隆成-時野哲至-林和樹

    男子4×400mR 2位 3′30″50 木本輝-中山諒-櫻井春誓-時野哲至

    男子走幅跳 5位 6m61(+3.9) 吉田耕平

    女子100m 1位 12"66(-3.5) 臼井文音

    女子400m 5位 1′00"43 久保明日香

    女子4×100mR 1位 47″93 吉田梨緒-臼井文音-高橋ちえり-岡田帆花

    女子4×400mR 1位 4′00″84 岡田帆花-久保明日香-臼井文音-高橋ちえり

  15. 2016年度 札幌記録会 第1戦・第2戦(2016/5/03~2016/5/04,札幌市厚別公園競技場)

    男子走高跳 1m75(慶祥歴代1位タイ) 出村優輝

2016年度 粘躍力 ~Never giveup~

2015年度 克己心 ~感謝を胸に~

2014年度 初志貫徹 ~支えあい,高めあう~

2013年度 努力夢現

部活動の様子

   
2016/5/14~15,札幌市円山陸上競技場で開催された第29回札幌支部春季陸上競技大会に参加しました。結果は,6種目(男子100m,男子400mH,男子4×100mR,女子100m,女子4×100mR,女子4×400mR)で優勝,他8位以内入賞が8でした。   2009/7,陸上競技場はトラック(タータン)に近い環境に整備されました。106m,3レーン。短距離の練習のみならず体育の授業でも使用します。また,跳躍も1ピット分整備しました。
2011/9には,130m,4レーンに増設,跳躍ピットも2ピットに増設され,練習の幅も広がりました。さらに,
2016/4に,トラックが1レーン増設され,130m,5レーンの環境が整いました。
  2016/3/27~4/1まで,立命館大学BKCクインススタジアムにおいて春季強化合宿を実施しました。こちらでの合宿は5回目になります。参加生徒は32名で,2015年度のチームの団結力を高め,冬季練習の成果の確認やスピードを上げた質の高い練習をすることができました。30日には,大学の男女陸上競技部主催の第4回附属校合同練習会に参加することもでき,勉強になりました。
   
2016/3/2,後輩たちは卒業生一人ひとりに「Go Go Let's go いけいけ○○」とエールを送り,13人の卒業生に最後の感謝の言葉とはなむけの言葉をかけていました。大学進学後も,慶祥で培った体力や集中力を活かし,感謝の気持ちを忘れず,社会に貢献できる人材を目指して活躍することを期待しています。   2016/2/20,江別市民会館大ホールにて,2015年度江別市青少年文化スポーツ賞の表彰式が開催されました。陸上競技部からは,全国上位入賞者(3位以内)に贈られるスポーツ賞に3名,北海道大会優勝者に贈られるスポーツ奨励賞に個人3名,団体1の合計7つの賞をいただきました。今年度,スポーツ賞受賞が多く,陸上競技部の活躍が大きく評価されました。来年度も,より多くの選手が賞をいただけるように,日々の練習を大切に努力していきたいと思います。   2015/12/19,保護者会主催の納会が今年度はエルカーサ南7条本店で行われ,生徒・保護者・顧問合わせて90名の参加でした。 内容は,1・2年生が制作したDVD鑑賞,男女別に慶祥杯8種の表彰,今年度のMVPの表彰,3年生一人一人に1・2年生からメッセージと記念品贈呈,顧問制作の今年度のDVD鑑賞などで,あっという間の楽しい3時間でした。
   
2015/10/16~18,愛知県名古屋市瑞穂運動公園陸上競技場にて,第31回ジュニア陸上競技選手権大会・第9回日本ユース陸上競技選手権大会が開催されました。 この大会に出場するためには,高い標準記録を突破しなければならない大会でしたが,本校から7名の選手が標準記録を突破し出場することができました。 結果は,ユース男子400mに出場した伊深愛生君は優勝,同200mでも4位入賞,また,ジュニア女子100mHに出場した林理紗さんは5位入賞を果たしました。ユース男子4×100mRは残念ながら失格となり,この悔しさを糧にこれからの鍛錬期で練習を重ね,次年度,リベンジしたいと思います。   2015/10/11,千歳青葉陸上競技場で開催された道央フェスティバルに参加し,シーズンの最後を締めくくりました。途中雷雨に見舞われ競技中断や中止もありましたが,自己ベストを更新したり課題点を見つける有意義な大会になり,今シーズンを笑顔で終えることができました。来シーズンのさらなる飛躍に向け,冬季練習のモチベーションにしていきたいと思います。   2015/10/10,札幌市円山公園陸上競技場で開催された北海道学連記録会第3戦兼第10回スプリントトライアスロンに参加しました。大学生が運営し,出場選手は大学生が中心の大会です。天候にも恵まれ,自己ベストを更新する選手もいました。特に,スプリントトライアスロンに出場した選手は,お互いに競い合って競技に臨み,出場していない選手も皆,陸上競技を楽しむことができました。シーズンも終盤を迎えました。楽しむ気持ちを忘れずにチーム全体で盛り上げます。
   
2015/10/02~06,和歌山県紀三井寺公園陸上競技場で開催された国民体育大会陸上競技大会に北海道代表として3名が参加しました。3名とも入賞を果たし,北海道の成績に貢献しました。
男子少年A400m 2位 伊深愛生(2年)
男子成年少年共通4×100mR 3位 中谷-伊深愛生(2年)-小池(卒業生)-高平
女子少年A400mH 3位 林理紗(3年)(北海道高校記録)
女子成年少年共通4×100mR 2位 伊藤-北風-清野ひかり(3年)-福島
なお,小池君は,現在,慶応大生です。
  9月15日~18日に室蘭市入江運動公園陸上競技場において第31回北海道高等学校新人陸上競技大会が開催され,20名が参加しました。 結果は,8位内の入賞が10種目,うち男子100m,200m,4×400mR,女子400mHの4種目で優勝しました。 また,男子100m,200mを制した伊深愛生君は,200mで大会新記録を出すなどの活躍から男子最優秀選手に選出されました。 第27回の加藤慶彦君以来2人目の受賞となりました。さらに,最終種目の男子4×400mRでも優勝し,見事3冠に輝きました。 今回このような結果を残すことができたのも,選手の頑張りはもちろんですが,日頃から多くの支えや応援があっての結果だと思います。 このあとも,日本ユースや,記録会など続きますが,素晴らしいチーム,応援されるチームを目指し,来年に繋がる良い結果に終われるように努力していきたいと思います。   2015/9/12,千歳青葉陸上競技場で開催された第19回道央陸上競技選手権大会に,3年生3名と顧問が参加しました。
男子100m 5位 10″90(+0.9) 富山大夢
男子200m 2位 21″99(+1.6) 富山大夢
男子走幅跳 4位 7m00(+1.2) 日裏徹也
男子三段跳 1位 13m94(+0.0) 日裏徹也
女子100m 1位 12″16(+1.7) 清野ひかり
女子100mH 1位 14″09(+3.3) 林理紗
女子400mH 1位 59″85(大会記録) 林理紗
   
2015/8/22~23,札幌市円山陸上競技場で開催された第47回北海道高等学校体育連盟札幌支部新人陸上競技大会に23人の選手が出場しました。 3年生が引退し,初めての公式戦でしたが,男子100m,200m,4×100mR,4×400mR,女子400mHの5種目で優勝しました。特に,男子4×100mR,4×400mRは6連覇を果たし,2年生の伊深愛生君は4冠を達成しました。また,男子は参加した58校中,総合2位,トラック3位の活躍をしました。 9月16~19日,室蘭市で開催される全道新人戦には,20人が出場権を獲得しました。   2015/8/15~16,旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場で開催された第70回国民体育大会北海道選手選考会に14人の選手が出場しました。 結果は,8位以内の入賞者数は延べ8人で,うち6人は自己ベストを更新,中でも,少年A男子100m,少年A男子400m,少年A女子100m,少年A女子400mHの4種目で優勝しました。 特に,少年A女子400mHに出場した林理紗さんは,2年連続大会新記録で優勝,また,伊深愛生君は2年生ながら,少年A男子100m,少年A男子400mの2種目で優勝しました。   2015/7/29~8/2,和歌山県紀三井寺公園陸上競技場で開催された全国高校総体に21名が参加しました。 連日33℃を記録する暑い大会でした。出場した14種目のうち,男子100m,200m,4×100mR,女子100m,200m,400m,800m,100mH,4×400mRは,準決勝まで進むことができました。さらに,男子200mでは決勝まで進みましたが,入賞することはできませんでした。 しかし,男子4×100mRは札幌高校記録を樹立,女子4×400mRは北海道チーム初の予選突破で,北海道記録を樹立しました。また,決勝へは進めなかったものの,自己ベストを更新した選手・チーム数が10と過去最高でした。
  18.JPG  
2015/7/18~19,函館千代台公園陸上競技場で開催された第88回北海道陸上競技選手権大会では,右代啓祐選手や高平慎士選手など一般や大学生も参加する中,10種目で入賞しました。特に,女子400m,女子100mH,女子4×100mR,女子やり投の4種目では優勝し,メダルを獲得しました。インターハイでの活躍によい弾みをつけました。   2015/7/12,札幌市厚別公園競技場で第28回南部忠平記念陸上競技大会及び第2回日中韓3カ国交流陸上競技大会が同時開催され,出場しました。後者の大会の男子4×400mにオープン参加し,何と日本選抜、中国選抜に次いで3着でゴールし,会場を沸かせました。また,その直後に行われた女子4×400mRでは,日韓に次いで3着でゴール。電光掲示板を見ると,3′49″78で,北海道記録を樹立しました。他にも,自己ベストを更新したり,女子やり投で優勝するなど,インターハイでの活躍が大いに期待される結果を残すことができました。   2015/6/16~19,札幌市厚別公園競技場で開催された第68回北海道高等学校陸上競技選手権大会では,全種目で予選通過しました。優勝は,男子4×400mR(大会新記録並びに北海道高校新記録樹立),女子100m,女子200m,女子400m,女子100mH,女子400mH,女子4×400mR(大会新記録樹立)の7種目。また,対校総合成績では,男子は3位,女子は2連覇で優勝しました。7月29日から5日間,和歌山県で開催される全国高校総体には14種目,21名が北海道代表として本校から出場します。
   
2015/5/19~22,札幌市厚別公園競技場で開催された第68回札幌支部高等学校陸上競技選手権大会では,男女合わせて11種目で優勝しました。特に,男子4×100mRと4×400mRは大会新記録で優勝。さらに,女子4×400mRでは北海道高校新記で優勝し,2010年度からの夢を後輩が叶えることができました。加えて,昨年に引き続き,男女とも総合優勝を果たすことができました。6月16日から4日間,札幌市厚別公園競技場で開催される全道大会には24人で参加します。写真は,北海道高校記録で優勝した女子4×400mRメンバーです。   2014/10/25,北斗市で北海道高等学校駅伝競走大会が開催されました。 今年度は男子のみの出場,更に高校2年生が海外研修旅行中ということもあり,高校3年生4名,1年生3名で出場しました。 母校の襷を胸に,最後まで諦めることなく襷を繋ぎ,結果は42校中18位と2年生が不在の中健闘しました。 4区を走った齊藤は区間9位と,慶祥の歴代区間記録を更新しました。 たくさんのご声援ありがとうございました。   2010/3,陸上競技部に保護者会が設立されました。2010/4/16,部旗が寄贈されました。生徒にとって,大きな励みになると思います。

陸上競技LINK集

日本陸上競技連盟
(財)北海道陸上競技協会
道央陸上競技会
札幌陸上競技協会
北海道学生陸上競技連盟
AthleteRanking.com
JAAF START