What's New

中3 第3回演劇ワークショップ


 6月30日(木)の5・6時間目に,講師の清水友陽さんと宮田圭子さんを再び本校に招き,演劇ワークショップを行いました。
 今回で第3回となる演劇ワークショップですが,立命祭まであと約2週間ということで生徒の取り組み姿勢にも真剣さが増し,ワークショップの内容もレベルが一つ高くなりました。
 今回は実際に各クラスが作り上げた脚本を台本とし,実演を交えてセリフの表現方法や間の作り方のアドバイスを頂きました。「セリフで全てを表現しなくても,表情や人の立ち位置でも状況を表現することはできる」ことを学ぶことができたと思います。特に性別や立ち位置の関係が観客の印象をどれだけ変えるのか,というポイントは実演を見ているだけで笑いや恐怖を誘うものでした。セリフの内容に留まらず,様々な表現法で観客の想像力を掻き立てることの大切さを感じた2時間となりました。
 講師の方々からも生徒の熱意と作品を評価していただきましたが,さらに磨きのかかった演技で立命祭のステージに立てるように毎日の練習に仲間と励んでもらいたいと思います。