What's New

高大連携 経済学入門講座











     9月8日,情報2教室において,立命館大学経済学部教授 紀國 洋先生をお招きして,高大連携 経済学入門講座が行われました。
     本校では例年,夏期特別講座として開講している講座ですが,今年度は時期をずらしての実施となりました。
     大学の先生の講義を直接聞くことで,立命館大学を身近に感じると同時に,大学の学びにふれることができ,そのことが生徒の学習動機への大きな励みとなることを目的にしています。
     対象は,「経済数学」履修生徒と経済あるいは経済学部に興味のある高校生です。履修生徒以外の参加は,試験一週間前と言う事もあり,3年生2名,2年生1名でした。
     講座の内容は,次のとおりです。


     5~6時間目の「経済数学」の授業では,「経済数学模擬講義」が開講されました。
     1 なぜ,私が経済学を志したのか。,2 私の研究テーマ,3 モデルで考える企業行動,4 皆さんへのアドバイス
     4の中では,「経済学部って何?」という推薦図書の紹介もありました。

     放課後16:00~17:30の経済学入門講座は,2部構成で行われました。
     第1部「オリンピックでメダルを獲得するには? 」では,人口,GDP,スポーツができる環境(裕福度)などの要因からメダル獲得の戦略について経済学的アプローチが行われました。
     第2部 「経済学部で何を学ぶのか?」では,経営学が組織の研究であるのに対して,経済学は市場の研究であるとか,経済学部の学びや就職状況についてのお話がありました。最後に,アドバイスとして,伸びる学生の特徴,高校での学習方法などのお話もあり,メモを取りながら聴いている生徒もいました。

     講座後のアンケートでは,「経済学部に行きたい気持ちが強まりました。」「経済学部と経営学部の共通点・相違点など知ることができてとても参考になりました。」2年生からは,「大学や学部の説明会をもっとしてほしい。」との要望もありました。