• HOME
  • What's New
  • 高1 広島・長崎平和研修旅行 事前学習

What's New

高1 広島・長崎平和研修旅行 事前学習

 9月30(金)6時間目の高校1年研修旅行事前学習のレポートです。
 慶祥高校1年生は,10月31日からの日程で京都・広島・長崎へ平和学習と立命館大学キャンパスツアーを兼ねた研修旅行に出かけます。
 今回,そのための事前学習として,本郷新(ほんごうしん)記念札幌彫刻美術館から学芸員の樋泉綾子(ひいずみ あやこ)さんをお迎えし,特別授業が行われました。
 北海道出身で日本を代表する彫刻家である本郷氏は,代表作「わだつみ」「無辜の民」「嵐の中の母子像」など平和をテーマにした作品が多い上に,戦後立命館にも多くの作品が収蔵されており,北海道と立命館の関係を意識する上でも興味深い人物です。今回の特別授業では,立命館大学に所蔵されている「わだつみ」「無辜の民」「嵐の中の母子像」や,本校の高校スタッフルーム前にある「レッスン」などの作品についての解説と道内をはじめ全国各地で見られる本郷氏の作品紹介。また,本郷氏の『彫刻のあり方や,作品制作にかける想い』が紹介されました。
 生徒の感想を見ていますと,今回の授業を受けて,立命館大学や研修先の広島平和記念公園で目にする本郷氏の作品だけではなく,毎日目にしている「レッスン」や道内各地の野外彫刻作品についても興味がわいたようです。生徒にとって平和を考えるうえで新たな発見があり,芸術に対する感性がみがかれた特別授業でした。

【URL】本郷新記念札幌彫刻美術館
 http://www.hongoshin-smos.jp/