What's New

高1平和研修~京都・広島・長崎で~




 10月31日(月)~11月3日(木),3泊4日の日程で高校1年平和研修が実施されました。高校1年生258名が京都・広島・長崎の3つのコースに別れそれぞれの日程を終えました。
 京都コースでは,「復興」をテーマに,広島平和記念公園や北淡震災記念公園などを訪問しました。また立命館大学の安斎教授から福島の現状などについてのお話をお聞きし,東日本大震災で被災された方々に対し,我々に今何ができるのか,何をすべきなのかを改めて考えることができました。
 広島コースは,原爆や戦争の悲惨さを「語り継ぐ」ことをテーマに,4人1班となり様々な方からお話をお聞きしました。例えば,被爆者の方から原爆投下直後の広島市内の様子を,中国新聞社の記者さんからは,原爆の被害の状況をどのように発信したのか等をお聞きしました。
 長崎コースでは,長崎平和公園や鹿児島の知覧を訪問しました。特に知覧特攻平和会館では,自分たちと同じぐらいの年齢で散っていった先人たちの手紙や写真を見ると自然と涙があふれました。
 全てのコースで,恒久平和の願を込め平和宣言文を読み上げ,2000羽の折鶴を献納してきました。また,広島平和記念資料館から「被爆アオギリ二世」の苗木を譲り受けましたので,平和の象徴として今後大切に育てていきます。