What's New

私学助成運動 国会請願活動行われる




 11月29日(火)私学助成運動の国会請願活動が行われました。これは保護者の皆様にご協力いただいた115,550筆の署名を国会に届け,保護者の皆様の思いを伝える活動です。当日は,11名の保護者とともに参加してきました。
 紹介議員の皆様を訪れ懇談しました。
 稲津 久議員からは「生徒に光の当たる私学教育は大切である」と理解を示していただきました。
 町村 信孝議員からは「毎年協力させてもらっている。私学教育の優れたところは理解している」との言葉を頂きました。
 橋本 聖子議員からは「私学教育の重要性はますます高まっている」また,紙智子議員からは「世界と比べての教育の位置が低い。日本の教育をどういう位置におくのかが重要」とお話をいただきました。
 三井 辨雄議員からは「保護者の負担は十分理解している。私も努力していく」と力になる声を頂くことができました。
 当日は,文部科学省私学助成課長森田正信様とも懇談ができました。「私も皆さんと同じ気持ちです。昨日も12:00まで財務省で交渉に当たっていた。この声に支えられてまだまだ頑張っていきたい」と述べられ,思いを共感できたと確信することができました。12月5日(月)には道議会請願も予定されています。115,550筆の署名の一筆一筆の思いを届けます。