What's New

マスコミ特講 UHB見学







 11月30日(水)マスコミ特講授業でUHB北海道文化放送の見学へ行ってきました。この取り組みはUHB北海道文化放送の全面協力の下行われました。
 マスコミ特講ではこの間,広報の取り組みや番組を企画してみるなどの授業が行われてきました。そのひとつの区切りとして放送局を見学する取り組みを実施することができました。このプログラムは,立命館慶祥のために作られた独自の見学プログラムで,貴重な体験ができました。
 まず,送出部の見学をしました。テレビ局の心臓とも言える送出の見学ではやはり緊張の空気がありました。さらに実際のニューススタジオの見学をしました。クロマキーの体験や,ニュースキャスターが実際に座っている席に座る体験からわかることがたくさんありました。次第に興味は高まっていきました。
 最後に,実際テレビ局の方から話を聞くことができました。そこでは,UHBと札幌コレクションの関わりを聴き,ブランド力に関わる講義を受けました。また,実際の新入社員研修で行われたタイムテーブル実習も行われ,堂々とプレゼンテーションをしていました。
 最後が「U型テレビ」の見学と大村キャスター,水野アナウンサーとの懇談でした。生放送の緊張感とともに,番組を作るスタッフの皆さんの意気込みが伝わってきました。懇談でも積極的に発言していました。そこで大村キャスターからは「北海道に来たのは,必要とされていたから。求められているということは大切なことです。この仕事をしていると,行きたいところにも取材に行くことができます。公開しない仕事ができます。何より,同じ日は二度と来ない仕事です。人生は一度しかありません。頑張って下さい。」と生徒達に力強いエールを頂くことができました。UHBの皆さん,ありがとうございました。