スーパーグローバルハイスクール(SGH)

北京師範大学附属実験中学校が来校しました

中国の北京師範大学附属実験中学校から14名の生徒たちが来校し,慶祥中学2年生と交流しました。

 午前中は同日開催で中学向けに開催された「七本指のピアニスト」西川悟平氏のコンサートに参加しました。西川氏は北京からのお客様に英語で語ってくださいました。
午後は慶祥生と一緒に数学と英語,体育授業に参加しました。授業の中でお互いに英語を使って積極的にコミュニケーションをとる姿がたくさん見られました。
放課後は部活動を見学しました。弓道部の見学では実演や弓道の説明があり、北京の生徒たちは初めて見る弓道とその道具に興味津々でした。
中国では部活動という活動はないそうで,「大変有意義な時間を過ごせました」と話をしてくれました。
慶祥生にとっても,訪問してくれた生徒さんたちにとっても,とても充実した1日となりました。
立命館慶祥の中学生は,世界に触れる機会にあふれています。たくさんの経験が慶祥生たちをより大きく成長させてくれます。