スーパーグローバルハイスクール(SGH)

高大連携講座 SGH アジア学・高大連携講座第2弾



 JBコースの「アジア学」講座は,立命館アジア太平洋大学(APU)との高大連携講座です。APUの先生に本校にご来校いただき,2時間の授業を実施。1・2週間後に,本校とAPUとをテレビ回線で繋ぎ,サテライト授業を2時間実施します。

 第2弾の連携講座は,APUアジア太平洋学部(APS)の笹川先生です。笹川先生の研究領域は「東南アジアの地域研究」であり,主な対象地域はカンボジアであり,文化面からのアプローチを採られています。今回の高大連携講座では,地域研究の一つの手法を取り入れた授業をしていただきました。

本校授業:10/13(金)5・6時間目
サテライト授業:10/27(金)5・6時間目

【生徒感想】
・今回の発表ではタイの酒類禁止日について調べましたが、その中で、日本との宗教に対しての重みが大きく違うということを学びました。日本では考えられないような仏教儀礼ばかりで、更に深く知りたいと思えるような宗教文化でした。
・先生の講義では、多くの本やメディアの情報が“実は違うかもしれないという視点から見る”ことも大事なのだということを学ぶことができました。本に書いてあることから矛盾点を見つけ、今までの歴史に縛られず考えるようにしていきたいです。