スーパーサイエンスハイスクール(SSH)

マイコンレーサー 校内大会

マイコンレーサー校内大会が開催されました!

  文部科学省で推進している「教育の情報化」の一環として,2020年には小学校で「プログラミング教育」が必修科目となるなど,プログラム学習の場が今以上に必須となってくると考えられています。そのため「生徒が楽しみながらプログラミングを学ぶ」場として,マイコン搭載カー「マイコンレーサー2」を用いたプログラミング講習と,タイムトライアル競技大会を実施しました。
 マイコンレーサーは,車体の下につけた4つのセンサーでコース上の黒いラインを読み取り,モーターの回転数をプログラムにより制御することで,早いタイムでの完走を競う競技です。放課後に実施した全6回の講習会でプログラミングの基礎を学んだ生徒10名が,10月9日に本校アトリウムで行われた大会に参加しました。
 1回目の競技では,当日に初めて全容が明らかになった全長30mを越える難コースにコースアウトする車体が続出しました。しかし,40分間のチューンアップを経て行われた2回目の競技では,好タイムでの完走者も増え,講習会での学びの成果を発揮していました。入賞者の北海道大会での活躍も期待しています。

マイコンレーサー マイコンレーサー
マイコンレーサー マイコンレーサー