• HOME
  • What's New
  • 全道英語プレゼンテーションコンテスト 準優勝!

What's New

全道英語プレゼンテーションコンテスト 準優勝!



 

 5月21日(日)に開催された,全道英語プレゼンテーションコンテストに於いて,立命館慶祥高校国際局(国際交流班)が見事第2位を受賞しました。
 今年度はチーム名Building Bridges(高校3年生が4名、高校2年生が4名の合計8名)で臨み,出場校47校中の第2位でした。
テーマは「北海道がより多くの外貨を獲得する商品の開発、または紹介するための提案」で、7分以内のプレゼンテーションでした。
 慶祥の生徒は鯛焼きを元に,ケラアン焼き(「ケラアン」はアイヌ語で「美味しい」の意味)を開発しました。中身は餡ではなく,北海道で育つフルーツクリーム(メロン,ハスカップ,ストロベリー)とカスタードクリームの4種類の味です。商品の単価,利益,ターゲット,販売場所などについて、実際に観光協会や販売店に問い合わせて完成させました。
 立教大学の松本茂先生からは,アイデアがシンプルで高校生らしいこと,ゆえに実現可能性が高いこと,審査員のほとんどがこの商品なら食べてみたいと思えるプレゼンテーションだった,と高評価をいただきました。